悪いことをした人は、悪い行為をした人であって、最低な人ではない

嘘をついた人は、嘘をつくという行為をした人であって、邪な人ではない。

ルールを破った人は、ルールを破るという行為をした人であって、ダメな人ではない。

悪いことをした人は、悪い行為をした人であって、最低な人ではない。


罪を憎んで人を憎まず、という言葉があるように、行為と人間性は別物だ。

行為と人間性を別に考えることで、自分や他人をやたらに攻撃しなくなる。

「その行為が悪かったのだ」と自覚したり人に伝えたりすることに、痛みや恐怖や過剰な怒りを乗せずに済むようになるからだ。

その結果、寛容になり、人も自分も許せるようになる気がする。