どっちがいいかな、と迷う時の考え方

どっちがいいかな...と迷っている時、新たな選択肢を増やしてみよう、というお話。


AさんとBさん、どっちと付き合おうかしら、とか、
A社とB社、どっちの会社に入社しようとか、
AとB、どっちを買おうとか。

どっちがいいかな、と悩んでいる時は、実はどちらにも決定打がないということが往々にしてあるんですよね。

ですので、そういう時は無理に焦って決めずに、一旦保留にして他の選択肢を探しに行く、というのはアリなのかな、と感じます。


全く違うところに探しに行ってみると、素晴らしい第三の選択肢が現れて「これに決まり!」となることもあれば、
第三、第四...の選択肢を見てみることで、やはり最初に見ていたものが良いな、と気付いたりするんですね。



まとめ

どちらにしよう、と悩む時、その2つしか見ていないと視野が狭くなってしまうものです。

他の選択肢もある、何を選んでもいい、選ばなくてもいい、と視野を広げることで、自分にとってベストな選択ができるのではないかなと思います。