走りながら考える

慎重さんにありがちなのが、

「完璧に状況が整うまで待ってみよう」

「絶対的に安心だと思えたらGOしよう」

というブレーキです。


気持ちはめっちゃわかります。

が、さっさと走って、走りながら考えた方が、

物事が早く進むことが多々あります。

これくらいの勢いで。


走ってみることで、何かしらのデータ、結果が得られる。

それを元に考えて、次に進む方向を決め、また走ることができる。

その繰り返しなんですね。


走ってみて違う道だったな、と思うなら、方向転換すればいいのです。

選択は何度だってできるから、大丈夫です。



まとめ

何かに取り組もうとする時、ついつい安心、安全を考えて慎重になりすぎる人は、走りながら考えようというお話でした。自戒も込めて。