終わりにしたいけれど、すぐにやめられない...という時の過ごし方

この仕事はもうやめよう。

この人とのお付き合いはもう終わりにしよう。

...とはいえ、今すぐ突然終わりにはできないものでしょ。


そんな風に、終わらせたいものがあるのに、
事情があってすぐに離れられず、
モヤモヤしたり、焦ったりする時の過ごし方のお話。



バスのたとえ話

例えばバスに乗っていて、次の停車場で降りたい、と思ったらボタンを押しますよね。

終わりにしようと決めたけれど、すぐに終わりが来ない状況というのは、
それと同じようなものだ
と考えてみるといいのかな、とふと思ったのです。


バスの停車ボタンを押してから、
いくらバス内をうろうろしても、焦りまくっても、
道の真ん中で下車させてもらえるわけではありません。
できるのは、大人しく座って待つことだけですよね。

こんなとこで降ろされたら困るよね


とはいえ、さぁ着くまでガッツリ寝ちゃおう!とか、
荷物を広げて作業を始めよう、ともならないですよね。
もう間も無く降りるので。


そろそろ降りるんだな、と支度をしつつ、
停車場に着くタイミングを待って、
着いたら降りるわけです。


同じように、何かを終わりにしようと決めたら、

そろそろ終わらせるんだな、と準備しつつ、
離れるタイミングを待って、
その時が来たらさよならすればいい
わけです。



まとめ

終わりにしたいと決めてから、終わりにするまでの期間の過ごし方は、
バスの停車ボタンを押してから降りるまでと似ている、というお話でした。