靴下は置き忘れるし、雨は降るし、エレベーターは乗れないし、ドアは開かないし

以前、ホテルに長期滞在していた時のこと。


ホテルから歩いて10分ほどのところにあるコインランドリーで洗濯した際に、靴下を片っぽ置き忘れてきてしまったらしい、と気づきました。

ハァ〜〜〜取りに行くのめんどくせぇ〜〜〜〜〜


とイライラしながらホテルの外に出ると、大雨。

ハァ〜〜〜〜傘持ってきてねぇ〜〜〜〜


部屋に戻るためエレベーターに乗ろうとしたら、

前に並んでいた人の荷物が大きすぎて、

乗り切れずに待つ羽目に。

ハァ〜〜〜〜しばらくこねぇ〜〜〜〜〜


ようやく部屋に戻ると、なぜか部屋のドアのカードキーが反応しない。

ハァ〜〜〜〜〜1Fのフロントに行かないと開かねぇ〜〜〜〜


ようやく部屋を開けてもらって、しばらくベッドに転がってふてくされて、それからおもむろにコインランドリーに行ったのでした。

コインランドリー
なお靴下は見つかった。


この時、つくづく不機嫌なまま行動すると、さらに不機嫌になるようなことが続くな、と痛感したんですね。

まさに踏んだり蹴ったり。

ここまでタイミングの悪さが重なると、もはやギャグですよね。


ということで、不機嫌な時、不愉快な時は、一時停止しましょう。

そのまま行動すると、不機嫌や不愉快がコンボ技みたいに連鎖します。不思議なことに。

一旦断ち切りましょう。


上機嫌にならなくてもいいので、とにかく一旦停止(私は、ベッドに転がってしばらくやり過ごしました)。


深呼吸して、一度仕切り直しだ、と感じられたタイミングで動き出しましょう。



まとめ

不機嫌、不愉快に囚われるときは、一旦停止しよう。

落ち着いたら、また動き出せばいいのです。