何か実現したいことがある時に大事な考え方と2つの行動

何か実現したいことがあるときには、

1. それをやりたいと口に出してみて
2. 実際に少しでもいいから行動に移してみる

という2つが大事かなと思います。


私は、何かやってみたいことを思いつくと、

まず信頼できる人に話してみたり、
話すのに怖さや恥ずかしさをと感じる場合、
紙にこっそり書いたりします。

言語化することで、
「私はこれをやってみたいんだな」
とスイッチがオンになるような感覚
があるんですね。



ですが、やってみたいんだよね〜と口に出すだけでは、現実はなかなか動かないものです。
行動が伴っていないからです。


行動に移すと言う事は、本気度を示すことだと私は思います。

それは誰かに対して示すんじゃなくて、自分自身に対して本気度を示すことだ、と感じるんですね。


いきなり大きなことをしなくても大丈夫。

やりたいことについて、具体的な手順や方法を調べてみるとか、
どれくらいのコストがかかるか計算してみるとか、
実際にやっている人に話を聞いてみるとか。

たとえ小さくても、行動に移すと言う事は、
行きたいと思った世界を、本気で自分に見せる準備をすると言う事ではないかなと思うのです。

行くぜ!



まとめ

「これがやりたい」と口に出したり、書いてみたりする。

そしてそれが本気であることを、実際に行動に移すことによって自分自身に伝える。

そうすることで、現実が動いていくんですね。


コメントを投稿

0 コメント