「それ」をすることは、未来の自分のなりたい姿に繋がっているだろうか

ある人と話をしていて、

「何かに取り組む時、未来の自分のなりたい姿から、それをやるのか決めるのが大事だと思った」

という話を聞き、なるほどなぁ...と思いました。



やるか、やめるか、判断基準


やろうと思えばできること、はたくさんあるのです。

やろうと思えば、頼まれた仕事を全部引き受けることもできる。
やろうと思えば、やった方が良さそうだと思うことに、片っ端から手をつけることだってできる。


でも、1日には24時間しかありません。
あたりまえ体操。
その限られた時間を何のために使おう?



そう考えた時、

未来の理想の自分から逆算して、
それが必要か、
それをやることに意義が見出せるか、
という視点でやるかどうか判断する

と決めると、取捨選択しやすくなる、と思ったんですね。



未来を見ることで、今に集中する


そうは言っても、先のことは見通せないし、
何が未来に繋がっているかなんてわからない。
そんな判断を挟むのに意味はあるのか?

という疑問が出てくるかもしれません。


確かに、未来を予測するのは難しいでしょう。

けれど、ただ闇雲に目の前にあるタスクをこなすのではなくて、
ワンクッション、立ち止まって未来に目を向ける時間を設けることで、
取り組もうとしているタスクの満足度や集中度も上がる、と思ったのです。

ワンクッション(言いたかっただけ)。


このタスクは、将来のなりたい自分に必要だから、前向きにできるぞ。

あるいは、

このタスクは、何に繋がるかは確実には言えないけれど、
きっといい未来に繋がっているし、そこに繋げていきたいから、楽しくやっていこう。

と。



まとめ

何かに取り組む時、未来の自分のなりたい姿にそれが繋がっているか?をチラッと考える癖をつけていきたいな、と思ったお話でした。