巨大フレスコ画の下絵を鑑賞!Museo delle Sinopie(シノーピエ美術館)へ行ってみた

昨日に引き続き、ピサ観光日記です。

今回はMuseo delle Sinopie(シノーピエ美術館)をご紹介。


シノーピエとはフレスコ画(下地の漆喰が乾かないうちに、水だけで溶いた顔料で描く技法)の下絵の事です。

トルコのSinopという街で採れた赤土を原料にして下絵を描いたので、シノーピエと呼ぶのだそう。


中には巨大なシノーピエがどどんと飾られていて、圧倒されました。

これだけ大きな作品を、職人さんが長い時間をかけて描いたんだろうな...と思うと、ロマンが溢れますね。

Museo delle Sinopie(シノーピエ美術館)のシノーピエ

Museo delle Sinopie(シノーピエ美術館)のシノーピエ

Museo delle Sinopie(シノーピエ美術館)のシノーピエ

Museo delle Sinopie(シノーピエ美術館)のシノーピエ

Museo delle Sinopie(シノーピエ美術館)のシノーピエ

Museo delle Sinopie(シノーピエ美術館)のシノーピエ

Museo delle Sinopie(シノーピエ美術館)のシノーピエ


まとめ

一部欠損しているものの、14〜15世紀に描かれたシノーピエが、かなり綺麗な状態で保管されていて感動しました。