立てた目標は必ずしも達成しなくてもいいのではないか、というお話

これをやってみたい。
これを成し遂げたい。

...という目標を掲げたけれど、やっぱりやめた。

ということはしばしばあります。




だからといって、その目標を立てたことに意味がないかというと、
そうでもないんですよね。


目標というものは、とりあえずどちらに進もうか、という指標の一つに過ぎず、
言い換えるなら通過点の一つ、と捉えておくといいのかもしれません。

必ずしもそこに到達することが必要なわけではない。
とりあえず歩き出す方向を定めるもの。


ある程度進んで、方向が違ったなとか、
別の方向に進みたいな、と気づいた時点で手放してもいいのです。



まとめ

本当のゴールは、立てた目標を達成することではなく、
目標を達成した先にどんな未来を望むのか?
なのかもしれませんね。