「自信」の根拠は能力だけではないのかも

自分のゲーム開発している最中、実装が難しくて、

もうだめ...完成させられんよ..._(:3」z)_

となっていたのですが、

人に相談したら、実装のヒントや、こうコーディングするといいよ!というアドバイスをたくさんいただけました。

ありがたすぎる。


そうしたら、また頑張れそうかも!完成させるぞ!と言う自信が湧いてきたんですね。





自分にはそれを成し遂げられるぞ、と言う自信

「自信」というと、自分の実力や能力に対する信頼のように聞こえますよね。


が、今回「自信が湧いた」のは、

相談直後に、私の実装力やコーディングスキルが急激に伸びたから(=自分の能力を信頼したから)...というわけではありません。

相談したことで道が見えた、サポートが得られると安心できたから、自信が生まれたのです。




自信とは、目指すゴールまでの道筋が見えている状態、と言えるのかもしれません。


能力や経験が豊富なら、ゴールは見えやすくなるので、高い実力のある人ほど自信がつきやすいでしょう。

でも、その人自身の能力の高さだけが、自信を決めるわけではないのかもしれません。


誰かに力を借りられる場所がある、

ゴールにたどり着くための情報を得やすい環境にいる、

などなど...


そうした他力も含めて、「私はそれを成し遂げられるぞ」という自信に繋がっていくのではないかな、と気づいたのでした。



まとめ

自信って、自分の能力だけに由来するものじゃないのかもしれない。

そう考えると、「自信を持つために、もっと成長しなきゃ」と焦らなくていいのかもしれませんね。