書いて固定する

さっき、すごくいいブログネタを思いついたのに、忘れてしまった...( ˘ω˘ )

というのも、これについて書こう!と思いついて、そのまま昼寝に突入してしまったためです笑

スヤァ...( ˘ω˘ )



ちょっぴり悔しい思いをする中で、書くことは固定することかもしれない、と思ったのです。


普段の思考は、あっという間に流れていきます。

例えば、昨日夕飯を食べながら考えていたことって、ほとんど正確に思い出せないですよね。

浮かんでは消えていってしまうものです。

しかし、「書く」というプロセスを挟むと、その流れていく思考を固定化できるな、と思ったんですね。



固定化するから、取り出して好きな時に眺めることができる。

保存がきく(そのメモを捨てなければ)。

一旦忘れても、そのメモがあれば内容を復元できる。




何か気づいた瞬間、感動した瞬間に考えていたことを、文章化することで、その時の新鮮な記憶を保存できる、と言ってもいいかもしれません。

そして、読み返した時に、その時のことをしっかり思い出すことができるんです。

えっ、改めて「書く」ってすごい効能があるのね...




まとめ

書くことは、思考を固定化することだ、と気づいたお話でした。

すごく便利だ。