お茶でも飲んで、自分が自分の真ん中に帰ってきたら、選択していこう

自分不在の「良さそう」で動くと、まぁ良くない。

と、個人的に考えています。



自分不在の「良さそう」とは

(自分がやりたいかはともかく)
すごいあの人がやっているから、やった方がいいかも。

(自分の興味はさほどないけど)
なんだかお金や名声に繋がりそう。

(あんまりピンときてないけど)
これをやったら、なんか一発逆転できるんじゃないかな。




そのように、自分が心惹かれるか、興味があるかなどを無視して、

・周りが良いと言っているから

・手っ取り早く状況を変えられそうだから

などの理由だけで動くと、あまりうまくいかないように感じます。


そういう時、大抵妙な焦りや不安を感じていることが多いんですね。

自分がちっぽけな感じがして、周りにあるすごいものにしがみつかないといけない感覚。

そこさえ頼れば、ダメな自分をなんとかしてもらえそうな感覚。


必死。


「良さそう」に振り回される時は

まぁ、お茶でも飲みましょう。


焦りや不安が落ち着いてから、それが本当に必要なのか、手に入れたいのか、ゆっくり考えても遅くはありません。


あまりに焦りや不安が落ち着かない人は、

外側の「良さそうなもの」を獲得しに行くのを一旦STOPして、

何に焦っているのか、何が不安なのか、自分の声を聞く時間を取ると良いかもしれません。



まとめ

ここまで書いてきましたが、私自身も、外側の情報に容易に振り回されてしまうことはあります。


すごそうな人や、キラキラしている人を見ると、焦っちゃうよね。
そんなこともあるさ( ˘ω˘ )

そんな時はお茶でも飲んで、自分が自分の真ん中に帰ってきたら、選択していこう。