願いが叶った後、日常が続いていく

今、どんなにすごく憧れている夢や願望があったとしても、

それが叶ってしばらくすると、当たり前になるものです。



例えば、過去に願った、

海外に住んでみたいなぁ、という願いや、

ラジオで話してみたいなぁという願いや、

通勤しない生活をしたいなぁ、という願いが、

全部思わぬ形で叶っている。


全部叶って、それが生活の一部になっている



そう考えると、願いは、叶った瞬間に、幸せの頂上に到達して終わり...ではなくて、

願いが叶った後、さらに日常が続いていくものなのだな、と思います。





今、目指している夢も、いずれ叶う日が来るのかもしれません。

そして叶った先に、「それが叶った日常」という世界線が続いていくのでしょう。


願いが叶った先に、どんな未来を生きているんだろう?