「自分にとっての普通」を伝えよう

先日、友人の相談を受けていた時に、何気なく自分の思ったことを言ったら、

「その発想はなかった...!」

とめちゃくちゃ感謝されたことがありました。



自分の普通は、他人の普通とは限らない

人にアドバイスを伝える時、気の利いたことを言わないといけないな、と気張ってしまうことがあります。

そんな時、自分にとっては普通だ、と思うことを伝えるのをためらってしまうことがあるんですよね。



自分には当たり前のことなので、他人にとっても当たり前で、言うまでもないかな、と思うので、
そんなことより、もっと新規性のありそうなことを伝えないとな、と。





ですが、自分にとっては当たり前の考え方が、他人にとっては全く真新しい視点だ、ということはよくあるんです。

だから、自分なりの等身大のコメントや意見を伝えてみるのは、すごく大事なのかな、と思うのです。



まとめ

自分の当たり前を伝えることに意味がある、というお話でした。