全然やる気が湧かない時の考え方

モチベーションを上げようとするのではなく、
自分がモチベーションに合わせにいく方がいいのかもしれない、と思ったお話。




開発にしろ、ブログにしろ、創作にしろ、モチベーションが下がることがあります。


そういう時、いくら頑張ってやるぞ!と気持ちを奮い立たせようとしても、全然効率が上がりません。

例えるなら、散歩に行きたくない犬みたいな感じです。

テコでも動かない。



まぁ頑張れば動くのですが、やたら消耗したり、なかなか進捗が生めなかったりするんですよね...

そういう時は、他にモチベーションが上がっていることを先にやっておくといい、と気づきました。

別のことをしているうちに、ふとモチベーションが上がって、放置していたことをやりたくなるタイミングが来るんですね。

そのタイミングに乗れると、進みが早いんです。



放置したら、一生やらないのでは?

という心配もよーくわかります。





親に、勉強したのか?って聞かれると、なんだかやる気がなくなるじゃないですか笑

それと同じように、

「まだモチベーションが上がらんのか、どうなんだ」

自分で自分を見張り続けるから、なかなかやりたくならないんですね。





やりたいことだったら、ちゃんとやりたいタイミングが必ず来るものです。

見張るのをやめて、モチベーションの波を信じて行動するといいのかな、と思います。



まとめ

自分のモチベーションをコントロールしようとするのではなくて、

モチベーションの方に、自分の行動を合わせにいきたい。