「どんな状態が、自分にとって本当に幸せ?」を見つけるには

先日ある人と、

「どんな状態が、自分にとって本当に幸せか」

「自分にとっての幸せの定義とは何か」

を理解するのって難しいよね、という話をしていました。



思い描く幸せは、本当に幸せか


どうなれたら幸せか?と思い描こうとすると、

・月収●●円になって...

・出世して偉くなって...

・タワマンに住んで...

・海外移住して...

・イケメン/美女と結婚して...


みたいな言葉が出てくることがあります。


...それは本当だろうか?


なんとなく、みんな目指してたり、憧れてたりするから、そんな気がしている。

のかもしれない。



どうしたら自分にとっての幸せがわかるのか


「どうなれたら幸せか」という最初の質問の答えに対して、

「それが叶ったら、どうしたいのか」

と突っ込んで考えることではないかな、と思います。


例えば、「月収が今の10倍になったらいいな」と思い描いたとしたら、

その後、つまりお金が溢れるほど周りにある状態で、何をしたいのでしょうか。


多分、それは人によって様々で、

・家族とたくさん過ごす時間を取りたい

・更にバリバリ今の仕事をしたい

・慈善団体にガッツリ寄付したい

など、いろいろ出てくると思います。

多分、これが、自分の深い部分でやりたいことに近いはずです。


この質問をすることで、

「(お金や権威があったら、本当はこうしたいから)お金や権威が欲しい」

の、「本当はこうしたいから」の部分を炙り出しやすくなるんですね。




ちなみにここで「ゆっくりゴロゴロしたい」が出てくる人は、多分疲れているので、

まずは今、なるべくゴロゴロしたり、自分の負担を減らせる術を考えたりすることをオススメします。

それから「ゴロゴロしきって、飽きたら何したい?」を考えるといいと思います。



まとめ

「どんな状態が、自分にとって本当に幸せ?」を見つけるには、

自分にとっての「こうなれたらいいな」を深堀りしてみるといいよ、というお話でした。

それが叶った先で、自分は本当に何がしたいんだろう?