終わりが見えなくて挫けそうな時の考え方

作品作りをしていて、

これ、一生終わらないんじゃないか...と途方に暮れることがあるのですが、

やれば終わります(あたりまえ体操)。

...いやいや、それはわかっているけど、その道のりが辛いんだよ〜!





小さなゴールを設定しよう


全部完璧に完成させる、というゴールだけを見ていると、

あまりに遠く、果てしなさすぎて心折れることがあります。



一機能や、一パーツなど、

キリのいい一区切りを、給水ポイントのように設定していきましょう。

そこまでたどり着いたら、振り返って、自分のできたところまでを褒めてみるのです。



ちょっと休憩したら、また次のポイント目指して進んでいきましょう。

マイペースにね。




まとめ

ものづくりしていると、ゴールが見えなくて心折れそうになることは100万回くらいあるものです笑

何も見えない霧の中を進むような感覚に陥りますよね。


でも、小さな一区切りでも、たどり着く場所が見えていると、そこまで頑張ろう、と気持ちを奮い立たせやすくなるものだ、というお話でした。

一歩ずつ進んでいこう。