ネガティブな感情がグワッと湧いてしまった時の考え方

ムムッと事件

ムムッ!


先日、あるサービスを受けようとして、申し込みしたら、

すみません、男性の方の受講はお断りなんです」とお返事をいただきました。

おぉぉぉ?そっすか...(๑╹ω╹๑ )

※よく、職業や文体や名前の字面の強さから間違われやすいのですが、女性です



SNS上では、なるべく初見で性別がわからないように振る舞っていて(ラジオや歌を聴いたり、過去のインタビュー記事などを遡ったりしたらすぐわかりますが)

普段なら男性と間違われることになんとも感じない(むしろ間違われると、よし、うまく擬態できてたぞ!と思うこともあったりして笑)のですが、

その時だけは、なぜかムムッとしたのですね。



それは多分、拒絶があって、そのショックに理不尽さを感じて、怒りが湧いたからではないかな、と考えたら、スッキリしました。

(その後、誤解は解けて、無事申し込みできましたよ)



咄嗟に感情が動いたことを、分析する



ガーン!ショック!ムカつく!などのネガティブな感情は、コンマ一秒で湧いて、心を占有します。

そこに囚われてしまうと、苦しいですよね。



でも、感情は感じたままでいいので、その感情の動きを、まるでスロー再生するように分析してみると、感情に振り回されることが少なくなるんですね。


嫌だったよね。しょんぼりだったよね。

どうしてこう感じた?

どの瞬間に引っ掛かりを覚えた?

何が嫌だった?

どうなりたかった?


自分の気持ちに寄り添って、自分でわかってあげるだけで、嫌な気分を無駄に拡大せずに済みます。

心が揺れた時は、ゆっくり感情の指差し確認をしてみるのがオススメ。



まとめ


ネガティブ感情が湧いた時、落ち着いて分析してみるといいよ、というお話でした。



コメントを投稿

0 コメント