自分の中で定めた「ダメ」を許して、自由を広げる考え方

役に立たないといけない?


昨日の記事、楽しく書いたのですが...

いざ公開ボタンを押す段で、ただ単に、書いている私が楽しいだけのブログって、出して許されるものだろうか、と内心ドキドキしていました笑


たまにゆるい内容の記事を上げることはもちろんあるのですが、それでも基本的には

「読者に情報伝達する」

「自分の問題解決の過程を共有し、同じ問題で困っている人に届くようにする

というスタンスで書いているので、こういうお遊び記事はあまり書いてはいけない...みたいな思い込みがあったんです。


深夜テンションで書いたはいいけど、本当に出しちゃっていいかなぁ、ともじもじ悩んでいた時、

  • ここは自分の庭なんだから、好きに書いたらいい。

という言葉が浮かんだので、なるほど確かにそうだな...と思って、公開に踏み切ったのですね。



ダメを超えて、自由を増やす


自分の中で勝手にこれはしちゃダメ、と思っているけど、本当はちょっと気になって、やってみたいこと。


例えば、

大人だけれど可愛いフリルのたくさんついた服を着るとか、

SNSに自撮り写真を上げるとか、

あんまり人の役に立たなそうなブログ記事を書くとか笑


人の数だけ、勝手に定めた「ダメ」があるものです(ブロックとも言います)。


ちょっと勇気を出して、その「ダメ」をやってみよう、と自分に許可する瞬間、色々な感情が動きます

いたたまれない気持ち、嬉しい気持ち、不安な気持ち、ドキドキワクワクする気持ち。

ネガティブな感情の方が大きければ、やっぱりやめたくなることもあるかもしれません。


しかしそれらを超えて行動に移すことで、選択の自由が広がるんですね。

いつも馴染みの選択肢を選んでもいいし、
これまでダメだと思っていた新しい選択肢を選んでもいいのです。



まとめ

自分の中の「ダメ」を超えてみるのは、いつも少し怖いものです。

でも、怖い先に自由があるんですね。


コメントを投稿

0 コメント