扉【影織夢語】 - 切り絵Blog 影織文庫

扉【影織夢語】

不思議な夢をいくつか見たので、今日はそのお話をしましょう。

***

扉を開けると、小さな木製の椅子がひとつあった。
そこに座って、私は「私」と対話を始めた。

胸に石の詰まったような重苦しい気分だ
ーーこれは、おもしなの
ーー石を詰めておかないと、あなたは身軽にどこへでも行ってしまうから

胸がずきずき痛む
ーー石が尖っているからよ

もし石がなかったらどんな感覚になるんだろう?
ーー教えられない、それを知ったら、あなたは飛び出していってしまうから

何が胸に石を詰めているのか?
ーー自由でいることへの、罪悪感
ーー自由になれば一人になってしまうと恐れている
ーー不自由を選んでいるのは、あなたよ
ーーあなた自身の選択なのよ

***

扉を開けると、「弟」が椅子に腰掛けていた。
私には兄弟がいない。
しかし、そこにいたのはまぎれもなく「弟」だった。

「弟」はしばらく黙って拳にテーピングしていたが、やがて目を落としたまま呟いた。

ーーなんで、俺を悪者にするんだ
そんな…そんなつもりはないわ
ーーおれは、あんたを守ろうとして闘っているだけなのに…

「弟」は、悲しそうに目を伏せて、またテープを巻き始めた。

***

扉を開けると、どこまでも闇が広がっていた。
そこへするりと身を滑りこませ、私はしばらく歩いた。

ふと、少女の声が耳に入った。
ーー自由になったらどんな感じか、知りたい?
知りたい、と答えると、少女は高揚した声で叫んだ。
ーーあなた、宇宙になるのよ!地球よりずっと青くって、ずっときれいなの!

ぱん、と青い光が弾けて、きらきらと私の身を取り囲んだ。

ーー宇宙に、なるのよ!
少女の鈴のような笑い声がいつまでも響いていた。

扉【影織夢語】 扉【影織夢語】 Reviewed by 影織 on 11月 30, 2017 Rating: 5