鷲津影織なので鷲神社に行ってみた、というお話 - 切り絵Blog 影織文庫

鷲津影織なので鷲神社に行ってみた、というお話

先日、浅草にある鷲神社に行きました。鷲津だけに笑

しかし、わしじんじゃ、ではありません。
おおとりじんじゃ、と読みます。

日本武尊(やまとたけるのみこと)を祀っており、開運や商売繁盛をもたらすとして信仰されてきた神社で、酉の市の発祥の神社なのだそうです。


賽銭箱の前には、大きなおかめが鎮座していました。
ちょっとびっくりです。

「なでおかめ」と言って、顔をなでると、その部位ごとに各種ご利益があるのだとか。
先見の明が効くという、目をなでてきました。

小さな神社ですが、酉の市のシーズンには大変な賑わいを見せるとのことなので、是非また足を運んでみたいと思いました。

鷲津影織なので鷲神社に行ってみた、というお話 鷲津影織なので鷲神社に行ってみた、というお話 Reviewed by 影織 on 5月 28, 2018 Rating: 5