平日郵便局に行けなくても大丈夫!違う人の郵便物が届いた時の対処法 - 切り絵Blog 影織文庫

平日郵便局に行けなくても大丈夫!違う人の郵便物が届いた時の対処法

いま私が住んでいる家に以前住んでいたらしき人宛の郵便物が、2通も届いてしまいました。
そんな時の対処法を調べたので、メモしておきます。
※2018/7/24現在の対処法です。最新情報は日本郵便のHPを確認してください。

方法

日本郵便HPによれば、
・郵便物の表面に誤配達であることを記載したメモを貼り、ポストに投函
・最寄りの郵便局か、お客様サービス相談センターに、誤配達があったことを連絡

のいずれかの方法でOKだそうです。

開局時間になかなか郵便局に足を運べない人でも、ポスト投函だけで簡単に対処できるというのは便利ですね。

これは郵便法第42条で
郵便物の誤配達を受けた者は、その郵便物にその旨を表示して郵便差出箱に差し入れ、又はその旨を会社に通知しなければならない。
と定められているそうです。

ちなみに、うっかり他人宛の郵便物を開封してしまった場合もポスト投函か郵便局連絡という同様の方法で対応することになりますが、

・郵便物を補修すること
・メモには、誤って開封してしまったこと、氏名、住所を書いて郵便物表面に貼ること
という条件が付きますので、ご注意ください。


まとめ

誤配達郵便を処理するというと、郵便局で面倒くさい手続きをしないといけないと思い込んでいました。2通も届いてしまったので、ようやく重い腰を上げたら、予想以上に簡単に返送できるとわかりました。調べてみるものですね。
もし別の人の郵便を受け取ってしまったけれど、面倒くさくて家に放置してしまっているという人がいたら、是非さくっと手続きしてみてください。


平日郵便局に行けなくても大丈夫!違う人の郵便物が届いた時の対処法 平日郵便局に行けなくても大丈夫!違う人の郵便物が届いた時の対処法 Reviewed by 影織 on 7月 25, 2018 Rating: 5