【切り絵のコツ】線をまっすぐ揃えて綺麗に見せるための切る順番のポイント - 切り絵Blog 影織文庫

【切り絵のコツ】線をまっすぐ揃えて綺麗に見せるための切る順番のポイント

線がまっすぐ揃うべきところが揃っているだけで、作品がぐんと綺麗に見えます。
うまく揃った線を切るために、線の揃う部分の大きいパーツから切っていくと良いです。
切り絵の線をまっすぐ揃えて綺麗に見せるための切る順番のポイント



たとえば上図の真ん中の長方形部分について考えてみましょう。
太い白抜き横線の下に、そこに接する模様がぴたっと並ぶ必要がありますよね。
切り絵の線をまっすぐ揃えて綺麗に見せるための切る順番のポイント

赤囲みの部分を先に切っておくことで、まっすぐの基準線となります。
これを、先に青囲みの細かい部分から切っていってしまうと、赤囲み部分と接するところがどうしてもガタガタになりやすいのです。

太い横線になるはずの部分に三角模様の部分が食い込んできて、大げさに言えばオレンジで塗った部分のようながたついた線になってしまうのです。美しくないですよね。
切り絵の線をまっすぐ揃えて綺麗に見せるための切る順番のポイント


また、青囲みの部分の中でも、赤い部分と接する部分は、そうでない部分よりも優先的に切っておくと、より綺麗に仕上がります。


まとめ

線をまっすぐ揃えて、きれいな切り絵を作ろう!

【切り絵のコツ】線をまっすぐ揃えて綺麗に見せるための切る順番のポイント 【切り絵のコツ】線をまっすぐ揃えて綺麗に見せるための切る順番のポイント Reviewed by 影織 on 8月 06, 2018 Rating: 5