切り絵の額装方法に困った時の対処法 - 切り絵Blog 影織文庫

切り絵の額装方法に困った時の対処法

額縁売り場に行って相談する


額装のハードル

突然ですが、私は額装にめちゃくちゃ苦手意識がありました。
「額ってすごーく高いよなぁ」
「なんとなくこんな額装したいっていうふんわりイメージはあるけれど、どの額を選んだらいいのかわからない」
「作品の数だけ額装しないといけないなんて心折れそう」
…などなど考えて、ハードルが高いものだと感じていたんですね。
ですが今日、新宿世界堂さんに行って、すごくいいと思える額を3つも買えました。


いい額縁を見つける方法

1) 実際額装したい作品を持っていって試す

私の場合、実際に額装したい作品を持っていき、「これをこんな感じで飾ってみたいんですが、おすすめの額縁はどれですか?」と店員さんに聞きました
店員さんがいくつも額を紹介してくださり、実際にその場でお試し額装してみることで、素敵な額を選ぶことができました。

2) 予算を決めておく

また、額縁はものによっては何万円もする高級なものも多数あるのですが、希望予算を伝えることで、もっとずっとお値打ちで満足のいく額を見つけることができました。


プロに頼ろう

額縁売り場には、額縁に詳しい店員さんがいます。
その人の力借り、助けてもらいながら選ぶことで、すごく納得のいく買い物ができたんですね。

額縁に限らないことかもしれませんが、何かの買い物をしたり、サービスを受けたりするとき、その道のプロの人の手を借りることで、一人でなんとかしようとするよりずっと楽に、ずっと満足のいく選択をできるんだなぁと気付きました。


まとめ

額装、難しいですよね。
悩んでしまう人は、額縁売り場に行って、店員さんに相談しながら決めていくとスムーズに選べるのでおすすめです!

切り絵の額装方法に困った時の対処法 切り絵の額装方法に困った時の対処法 Reviewed by 影織 on 5月 28, 2019 Rating: 5