私に必要だったのは、別れを惜しむ時間だったのかもしれない - 切り絵Blog 影織文庫

私に必要だったのは、別れを惜しむ時間だったのかもしれない

最近、人生的に大きな転機を迎えているところです。
「さぁ、元気に行こう!」と意気揚々と準備していたのですが、その一方でここ最近、うまく言い表せないけれど、もやっとした気分を感じていました。

それは、実は「これまでのなじみ深い生活」と離れる悲しさだと気付いて、驚いたんですね。


終わりと向き合うという事

トランジション ――人生の転機を活かすために (フェニックスシリーズ)
ウィリアム・ブリッジズ William Bridges
パンローリング (2014-03-15)
売り上げランキング: 7,714
この本は、失恋、結婚、転職、死別、昇進、引越し…、などなど転機(=トランジション)の乗り越え方のヒントをくれる本です。
これまでも何度か転機があって、そのたびに読み返してきた本なのですが、ここには、古い環境や人間関係のひとつの終わりとしっかり向き合って、その空虚感や喪失感を迎えることが、新たな始まりへ移行するために大事、ということが説かれています。

失恋や死別などはともかくとして、結婚や昇進などの一見嬉しい変化であっても、「独身生活の終わり」「会社でのこれまでのポジションの終わり」という終わりをしっかり認識して受け止めないことには、なぜか次の始まりをうまく迎えられないです。

あぁ、これまで慣れ親しんだ環境や人と離れることが、こんなにもさみしかったのか…と気付いてしっかり落ち込んだら、もやもやとしていた気持ちも少し晴れました。


まとめ

人生に大きな変化があると、わっしょいわっしょい!変化だ変化だ!と気分が盛り上がりがちなのですが、一人で静かに「これまで」との別れを惜しむのも大事なんだなという気づきでした。

私に必要だったのは、別れを惜しむ時間だったのかもしれない 私に必要だったのは、別れを惜しむ時間だったのかもしれない Reviewed by 影織 on 10月 16, 2019 Rating: 5