500記事到達!ブログを書き続けてよかったなぁと思うこと

いつもご覧いただきありがとうございます。
2016年11月から書き始めたブログ影織文庫、とうとう500記事に達しました!
ブログを書き続けてよかったなぁと感じる理由を、まとめてみました。

1) 自分だけの図書館ができた→理解が深まり、気づきが増えた

ブログは、人生の気づき、楽しかった思い出、印象深い出来事、それら全部を蓄積できる、自分だけの図書館のような場所です。
ちょっと思い悩んだ時、過去を振り返りたい時に紐解くことで、過去の自分に勇気づけられることが何回もありました。

また、わかりやすく文章に書いてみることで理解が深まったり、新たな発見をしたりすることも多くありました。
アウトプットってとっても大事です。


2) 自分だけの写真館ができた→体験の質が変わった

2年ほど前にカメラを購入したことで、お出かけするたびにいろいろなところの写真を撮ってはブログに残すようになりました。

1) と関連することですが、楽しかったお出かけの思い出を蓄積する写真館が出来たようで、これもなんだかとっても嬉しいな、と感じています。

また、お出かけするたびに、自然と「どのように記事にまとめようか」「ここを紹介したら面白そうだな」「この瞬間を切り取って伝えたいな」と考えるようになり、結果として、漠然と体験を受け容れるのではなく、積極的に目の前にあるものから美しさを見出すようになったな…とも思います。


3) 自分の文章が蓄積されていくのが嬉しい

自分が生み出したものがブログに蓄積されていくのを見ると、にまにましてしまいますよね(…え、私だけ?笑)。
うーん。通帳の貯金残高が増えるのを見てにまにまするのと、ちょっと似ているかもしれません…笑


まとめ

時々書かない時期を挟みつつ、ここまで続けてこられてよかったなぁと本当に思います。
今後ももりもり記事を書いていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします!