停滞する時もコツコツ続けることが大事だと感じたお話

ここ最近、新しい技術を勉強しています。
連日、「わかんない…吐きそう…もう嫌だ…」と相当苦しんでいたのですが、突然理解が一気に進み、少しほっとしました。


成長曲線はまっすぐではない

習い事や勉強など、やればやるほどどんどん比例してできるようになる、ということは珍しいものです。

最初はずっとわからなくて、いきなり跳ね上がるように一気に理解が進んだり、
最初はどんどんわかっていたのに、途中から伸び悩んだり(その後しばらくして、また一気に伸びる)。

この停滞、いつまで続くか全然予測もつかないので、その中にいると「わかんない、できない、もうやだ」と諦めてしまいやすいように思います。つらいもんね。


停滞の中で心折れそうになったら

気分転換する

ずっと取り組んでいると、きゅーっと視野が狭くなって、苦しくなっていきます。
ちょっとひとやすみして違うことに取り組んで、また取り掛かった時にうまくできる、ということもよくあります。

一旦諦めて寝る

頭がすっきりしたら、急に理解が進むことが多いです。

できると信じる(根性論)

もう心折れそうなのに信じろというのは難しい話なのですが、
ほんとムリー!などと思って、すねたりふてくされたりしながらも粘ってみると、ふわっとできるようになる瞬間がきます。
嘘だと思うかもしれませんが、本当です。


まとめ

これまでの経験の中で、この成長曲線は様々な分野で当てはまるな、と本当に思います。
停滞の中で絶望したり、焦ったり、ぐずったりしながらも、コツコツ続けていきたいと思ったのでした。