自分一人で抱え込んでいるタスクでパンパンになりかけた時の対処法

物語の英訳版を準備しなきゃな、しなきゃな...でもそこそこハードル高いし、結構時間もかかるし、どうしよう...と悩んでなかなか手をつけられずにいたんですね。
そのことを人に相談したら「英訳やりたい」と言ってもらえて、あっさりお願いできることになりました。
さらに、別の人にネイティブチェックまでお願いできることに。
その時のホッとした気持ちときたら...!


助けを求めること

自分のやりたくないこと、苦手なこと、抱え込んでしまっていること。
それをやっても苦にならない人、むしろやってみたいという人が意外にも身近にいたりします。

そんな人どこにもいない!
...と思うのは、「誰かこれ助けてほしい」「これできる人いませんか〜」と本気で声を出していないから、かもしれません。
周りの人は、そもそもあなたがそれを抱えていること、そしてそれを苦手だと思っていることに気づかないんですよね。

孫悟空だって、もし黙っていたら威力の高い元気玉を作れません。
「あぁー...元気分けてくれる人とか...いないよね、このご時世にいるわけないか...うん、どうせね...」などと小声でボソボソ呟いたりもしないですよね笑
「このオラにほんのちょっとずつだけ元気をわけてくれ〜!」と叫んで助力を求めるから、大きな力を集めることができるのです。


まとめ

タスクを抱えて困ってしまったら、声を上げて、誰かそれが得意な人に頼ってみると楽になるよ、というお話でした。

そして誰かに助けてもらったら今度は逆に、自分の得意分野で、誰かが困っている声を上げていたら、喜んでサポートできたらいいですよね。
そんな風に、人の豊かさを受け取りながら、自分の持っている豊かさを分けることができたらいいな、と思うのです。