自分が不幸だと思っていた頃だって、本当は幸せだったのかもしれない

生きるのがすごくつらいと思っていた時期のこと。

よくよく思い出してみると、当時嬉しかった瞬間や楽しかった瞬間が、確かにたくさん心に刻まれていた。

その時に暮らしていた街の雰囲気や家の様子、聞いていた音楽、はまっていた趣味、好きなものは確かにたくさん身の回りにあった。

何もないわけじゃなかった。ひとりじゃなかった。

本当は、これまでもずっと幸せだったのかもしれない。