「見捨てられる」と言う恐れは幻想だったのだろう

「見捨てられる」と言う恐れは、庇護がなくなることに対する恐れらしい。
庇護というものは、期待に応えて機嫌を取ることの引き換えに貰えるようなもの...ではないらしい。


そもそも、庇護なんてなかったのかもしれない。
庇護と思っていたものが、庇護ではなかったのだとしたら。
愛や思いやりを持って見守られていたのではなく、もっと別の何かだったのだとしたら。


元々ないものだとしたら、失うものなんてないのかもしれない。
あると思っていたものがないことはとても悲しく、真っ暗になるけれど、
ないものは失わない、失い得ないということ、それは一筋の希望となる。