服も靴もコスメも、変化していく自分にぴったり合うものを選び続けることがというお話

以前から使っていたコスメの色がなんとなく合わないな...と考えて、ARで試せるメイクアプリを使いながらコスメを探してみました。
そのアプリで見て、比較的似合うなと感じたコスメを、実際に買って使ってみたら、すごくしっくりきて嬉しかったんですね。
今日はそんなお話。



自分に合うものを真剣に選ぶ

コスメに限らず、靴や服、あるいは環境や人付き合いなどなど。
かつて自分にぴったり合うと思っていたものが、自分が変わっていく中で合わなくなる、ということがよくあります。

そういう時は、前に合っていたものに自分を合わせようとするのではなく、新しく自分に合うものを探しにいくようにすると良いです。

わざわざ面倒だとか、まだ使えるのにもったいない、何だか申し訳ないなど、いろいろな思いが出てくるかもしれません。
ですが、内面の変化に応じて外側も一緒に変わっていくことは、自然なことなんですよね。
「それ」がここまでの自分と一緒にあったことに感謝しながら、新しいものを選ぶために手放す、というのは、決して悪いことではないと思います。

今の自分にぴったり合う、と感じるものを選べると、じんわり嬉しくなり、力が湧いてくるように感じます。この深いところから湧いてくる気持ちは、更に前進する勇気や、変化する推進力にもなるんですよね。

だから、窮屈だな、なんだかしっくりこなくなってしまったな、と感じるものを、上手に手放しながら、自分にしっくりくるものを選び続けていこう、と思ったのでした。