なかなか変化できない時におすすめしたいこと

なかなか変化できない時は、終わりのブレーキから足を外して、始まりのアクセルを踏んだら、前に進める。

例えば、引越しする時。
この家、この街での暮らしが終わりだ、と思うと、寂しかったり、ドキドキ不安が湧いてきたりして、なかなか動けないことがある。

そんな時は、次の始まり、新しい街や新しい家での暮らしのワクワクをじっと見つめてみる。
同時に、今の暮らしの終わりの寂しさ、不安をじっと見つめてみる。

終わりと始まり、どちらもじっくり味わえば、自然に前に進めるようになる。