またこのパターンでがっかりするの?同じような出来事で何度も落ち込む時の対処法

どこに行っても、似たような出来事で悩んでしまうとき。
またこのパターンでがっかりするのか、と思う時。
問題の原因は目の前ではなく、過去の傷にあることが多いです。


小さい頃、同様のシチュエーションで傷ついたことはなかっただろうか?と考えてみましょう。
あの時傷ついてしまった出来事を、様々なシチュエーションで再演しながら、満たされようとしているのです。


たとえ何十年も前のことでも、今なら些細だと思えるようなことだとしても、当時は大きく傷ついたのかもしれません。

あんなの大したことなかったと考えるのではなく、
「うおぉぉあの時めっちゃ悔しかったんだな…!」
「あの時、本当に悲しかったんだな…」
などと、自分に寄り添ってあげましょう。
個人的に、思いの丈を紙にぶちまけるやり方がすっきりします。


自分で自分の気持ちに寄り添うことなく、人に満たしてもらおうとすると、ざるで水をすくうかのように、満足感がこぼれ落ちていきます。

自分であの時の気持ちを認める。

そうすると、ネガティブな気分になってしまうので、感じたくないなぁ、嫌だなぁ、と思うかもしれません。
が、悲しかった、悔しかった、腹が立った、という気持ちが永遠に続くわけじゃありません(むしろ、感じないようにしている方が、長く続いてしまう)。
ネガティブな気持ちが自分の中を通り過ぎた後、ほっと安心できます。
そうして、その傷が癒えていくと、パターンから抜け出せるんですよね。


まとめ

いつもこのパターンで嫌な気分になるな、がっかりするな、という時。
過去に同じようなことがなかったかを探して、その時のネガティブな気持ちにじっくり向き合ってみるのが大事、というお話でした。