言うだけタダだ、伝えてみよう

本当はこうしたいなぁ、本当はこれ嫌なんだよなぁ、と思う時、とりあえず言ってみるのが大事だなと思います。


我慢して言わずに溜めてしまううちに、「私はこんなに我慢しているのに...」「こんなに頑張ってやってるのになんで」と相手に怒りが湧いてきたり、イライラモヤモヤしたりすることが、めちゃめちゃよくあります。

でも、相手からしてみれば、私の中では本当はこうしたい、実は我慢している、ということを悪意なしに全く知らないだけだったりするんですよね。
だから、とりあえず勇気を出して伝えてみるのがすごく大事だなと思います。

そんな時、私の場合はよく「言うだけタダだから!」と念じて勇気を出しています笑
これは別に、「タダなんだから何言ったって許されるでしょ!」みたいな乱暴な開き直りではありません。
自分の思いを伝えたことで、何かを自分から相手に強要したり、逆に相手から何かを強要されたりすることはない。
対価なしで自分の気持ちと要望を伝えてみる、それだけ、と言う意味での「タダ」です。
そんな気持ちをこめ、どんなにビビっても「言うだけタダだから!」と思いながら飛び込むようにしています。


本当はこう思っている、ということを伝えることで、相手に嫌われたらどうしよう、自分の印象が悪くなったらどうしようと思うかもしれません。

でも、こうしてくれないと困る、というような形で意見を押し付けるのでなく、こうなったら嬉しいけれども可能ですか、というような形で提案や交渉をすれば、意外と穏やかにすんなり話が通ることはよくあるんですね。

仮に要求が通らなかったとしても、その理由を知ることができて納得できることもありますし、そもそもちゃんと我慢せずに伝えてみることができた、というだけで、気持ちが楽になることも多いです。

だから、とりあえず自分の気持ちを伝えてみるのは本当に大事なことだな、と思うのです。



まとめ

自分の希望、とりあえず伝えてみようというお話でした。
勇気出すための合言葉は、「言うだけタダだから」!