じっと立ち止まろうというお話

しっかり立ち止まることは難しい。

少し休むと罪悪感を感じたり、すぐに動かないとと焦ったり、体は休められても頭だけは忙しく動かし続けてしまったり。

人生のうち、ほんの少しの時間立ち止まっても問題ない。
立ち止まることで取り残されたり、何かに置いていかれたりするかもしれないという感覚は、ただの幻だったりする。

じっと立ち止まって初めて、
自分が何をしたいのか、
どんなことを望んでいるのかが見えてくる。

動くことだけが前進ではなく、
立ち止まることが停滞でもない。



---

メルマガ始めました。
購読は、スマホでお読みの方は記事下、PCでお読みの方は右側にある登録フォームからどうぞ!