他人と自分の境界は、どこにあるのだろう?

他人と自分の境界は、どこにあるのだろう?
ふと、そんなことについて徒然なるままに考えてみた日記。


* * *


他人と自分の一番わかりやすい境界は、身体の境界です。

自分の体は叩かれたりつねられたりしたら痛むけれど、
他人の体が叩かれたりつねられたりしても、その痛みを感じることはできません。
自分が制御・知覚できる身体の範囲が境界なのかもしれない。

でも、例えば大事な人が深く悲しんで心を痛めている時、
その痛みを共有することができますよね。
そう考えると、境界は目に見える境目だけを指すだけではないのかもしれません。
便宜上、身体の境界で他人と自分と分けているだけで、
もしかしたら、境界なんてないのかもしれません。


---

安心しながら創作・自己表現する方法、繊細な人が自分らしく生きるヒントなどを、週1ペースでメルマガ限定コラムでもお届けしています。

購読は、スマホでお読みの方は記事下、PCでお読みの方は右側にある登録フォームからどうぞ!