CLIP STUDIO PAINTで魔法陣をかっこよく光らせる方法

 厨二病なのですぐに魔法陣作りたがる。
ということで今日はCLIP STUDIO PAINTを使ってカッコよく魔法陣を光らせていきましょう。

※こちらの記事では、魔法陣そのもののデザインの仕方は説明していません。ご注意ください。


手順

事前準備

表示>グリッドをクリックして、グリッドラインをあらかじめ表示しておきます。

魔法陣を用意します。これは切り絵をスキャンしたもの。

CLIP STUDIO PAINTで魔法陣をかっこよく光らせる方法


この魔法陣レイヤーをコピーしておきます。
2つのレイヤーそれぞれ、magic-circleとmagic-circle2とでも名付けておきましょう。


魔法陣の下ごしらえ

一方の魔法陣にバケツで色を塗ります。今回はサイバー感を出していきたいので、青っぽくしていきましょう。magic-circleのみを青く、magic-circle2を白のままにしました。

この段階で、変形作業に入る前に、後述の「魔法陣をずらす」の項目の作業を先にしておいてもいいかもしれません。

2つのレイヤーを変形させます。Shiftキーを押しながら、2つのレイヤーを一括選択してctrl+Tを押します。ツールプロパティの変形方法で「遠近ゆがみ」を選択して、いい感じの角度にします。

CLIP STUDIO PAINTで魔法陣をかっこよく光らせる方法



この時に、グリッドで上下のラインが平行な台形になるように調整します。

CLIP STUDIO PAINTで魔法陣をかっこよく光らせる方法



上に伸びる光の作成

魔法陣からほのかに放たれる光を作ります。

青のmagic-circleレイヤーを複製して、lineレイヤ―と名付けます。
このlineレイヤ―に、フィルター>移動ぼかしから、次のような設定でぼかしをかけます。

距離はお好みで。角度は-90度の前方方向、ぼかす方法は滑らかに。

CLIP STUDIO PAINTで魔法陣をかっこよく光らせる方法


レイヤーで加算(発光)を選択すると、さらにぽくなります。


魔法陣をずらす

magic-circle2レイヤーを選択して、ctrl+Tを押して、微弱な回転を加えます。

少しぶれた感じが出て、エモくなります。

CLIP STUDIO PAINTで魔法陣をかっこよく光らせる方法


魔法陣レイヤ―を光らせる

いったん、magic-circle2を非表示にして、magic-circleレイヤーで作業します。

magic-circleレイヤーを複製し、magic-circle-overlayレイヤーとmagic-circle-luminousレイヤーを作ります。

そして以下作業をします。

一番下のmagic-circleレイヤー: フィルター>ガウスぼかしをかけます。数値はお好みで(今回は25にしました)。

真ん中のmagic-circle-overlayレイヤー: レイヤーでオーバーレイを選択し、不透明度を少し下げます。

一番上のmagic-circle-luminousレイヤー: 編集>色調補正>色相・彩度・明度を選択し、彩度・明度を右に寄せて全体的に白っぽくします。レイヤーで加算(発光)を選択します。光り方が強すぎるなとおもったら、不透明度を適宜下げます。

CLIP STUDIO PAINTで魔法陣をかっこよく光らせる方法


できたら、3レイヤーをShiftキーで複数選択して、右クリックで「フォルダーを作成してレイヤーを挿入」をしておきましょう。

magic-circle2でも、同様の作業をして光らせます。


微調整

あとはお好みで光らせ方を調整しましょう。

白と青の魔法陣の重なり順を入れ替えることで、青がより際立つようにして、最終的にこんな感じになりました。
右下の設定数値やレイヤーの順番などを適宜参照してみてください。

CLIP STUDIO PAINTで魔法陣をかっこよく光らせる方法

ついでに、上に伸びる光がもう少し欲しかったので、lineレイヤーをコピペして重ねがけして、さらにエアブラシの「スプレー」と「飛沫」を適当に散らしたレイヤーを追加しました。
CLIP STUDIO PAINTで魔法陣をかっこよく光らせる方法




まとめ

カッコよく魔法陣を光らせて楽しもうぜ!
CLIP STUDIO PAINTで作った光る魔法陣