賢くお金を使う視点

少し前に、ZBrushというソフトを使って3Dモデリングをしていたのですが、それを使う前は、ZBrushCoreという、ZBrushの廉価な機能制限版を使って作業していました。
しかし、Coreだと、痒いところに手が届かないというか、思ったような出力がなかなか実現できなくて困っていたんですね。そこで、結局月額課金してZBrushを使ったのでした。

「賢く節約する」というと、お金のことを真っ先に考えるかもしれません。
でも、お金で何かを買うことで、時間や労力を節約することもできるんですよね。

今回の場合、ZBrushに課金することで、
Coreを使ってやりたいことができないか調べたり、他の3Dモデリングアプリを組み合わせることでやりたいことを遠回りして実現する時間や、
「できねーーー!」とイライラしたり嘆いたりする労力などを大きくカットできたのではないかな、と思うのです。

お金を使うのが怖いな、もったいないな、と考えて、反射的に財布の紐を締めてしまいがちな時、
「そのお金と引き換えに節約できるものはなんだろう?」
「そのお金を使わないことで生まれる別のコストはなんだろう?」

と考えてみると、賢くお金を使えるようになるのではないかな、と思います。