以前できなかったからと言って、これからもできないとは言えない

専門外のことに興味が湧いて、やってみたいなと感じた次の瞬間、「自分にはきっと無理だ」という不安が生まれることがあります。

これまで縁遠かったことだし、今更始めてもよくわからないかも。
これまでやったことがないし、きっと自分にはできないだろう。
前にちょっとチャレンジしかけたけれど、なんだか難しそうで心折れちゃったもん。

でも、以前できなかったからと言って、これからもできないとは言えないんですよね。
以前はできなかったけれど、興味を持って本腰入れてやってみたらあっさり出来た、ということだって十分にあり得るわけです。

経験のないことは、何だってハードルが高く、難しそうに見えるものです。
だからといって、それを理由に初手で諦めてしまうのはもったいない。

その道を極めた先人の話を聞いてもいいかもしれません。
あるいは初心者向けによくまとまった情報源に当たってもいいかもしれません。
方法はいろいろ。
できることから一歩ずつやっていくことで、だんだんとできるようになっていくのだと思います。