自分には何もない

自分には何もない、という思いで自滅することがある。

自分のできること、能力、役立てること、肩書き...
そういうものに自分の存在の確からしさを見出すと、とても脆い。

ある日、
もっとすごい人がいる、
もっと素晴らしい人がいる、と気づいた時点で、
自分の存在が揺らぐから。

こんな自分じゃ大したことない。
自分には、何もないのと同然だ。
自分には何もない。

そういう時は目を閉じる。
そのまま、ただ居る。

自分には何もない。
そうだ、そうかもしれない。
何にもないかもしれない自分のままで、
ただ目を閉じてじっとしている。

悲しい。

じっとしている。
じっとしている自分はある。
何もないかもしれない自分はある。
存在する。

ただじっと存在する。

悲しみは深い。

こういう時、
生きているだけで偉いとか、
あなたはそのままで愛されていますとか、
そういう言葉は腹立たしく感じる。

上っ面な言葉で傷口をなぞろうとするな。

そもそも結局それだって、
「偉い方がいい、偉くないのはよくない」
「愛される方がいい、愛されないのはよくない」
という二元論から逃れられていない。
結局、偉くて愛される方を求めて走るレースに、
否が応でも巻き込まれてしまう。

ただじっと存在する。
じっとその悲しみの中にいる。
そこにあるのは自分だ。

しばらくそこに止まっているうちに、
本当はあるから大丈夫だ、と気づくかもしれない。
何もないけど大丈夫だ、と気づくのかもしれない。
その二つは同じことなのかもしれない。

そうして、再び目を開けて歩き出す。