自己肯定感の低さに悩む人のヒントとなる考え方

自己肯定感の高い人とは、自分のできないことを健全に諦められる人だと思う。


死ぬほど頑張って、命を削らないとできないようなことは、「できない」と言う。

無理なことを無理と普通に言う。

黙って自分を削って相手に合わせるのでなく、意見を出してすり合わせる。

自己肯定感の高い人たちは、それを当たり前のようにやってのける。




自己肯定感が低い人は、なんらかのきっかけで、自分にできないことをしよう、しなければならないと必死になっている人だと思う。


そうしなければ、

周囲の期待に答えられない、

認めてもらえない、

見捨てられてしまう、

みじめな思いをしてしまう。

そうして生存や安全を脅かされてしまう。


それを避けるために、できないことをできないと諦められなかった人。


そんな人が、自己肯定感を高めるのに必要なのは、うまく諦めることだと思う。


そのためには、

「諦めても大丈夫なんだ」
「諦めても、自分が本当に恐れていることは起きたりしないんだ」

と気づくことが大事なんだと思う。


コメントを投稿

0 コメント