いい、悪いという価値基準は、実はすごく曖昧なものかもしれないというお話

「私なんてもうだめだぁ〜」
「こんな自分なんか...」
など、卑屈になってしまうことがよくあります。

が、何か状況が激変したわけでもないのに、ふとしたきっかけで、
「え、私って意外といい感じじゃない?」
「あれ、思ったより自分ってイケてるかも?」
と突然思う瞬間があります。
あの現象、なんなんでしょうね?笑


すごくダメだと思っているものが、実は結構良かったり、
すごくいいと思っているものが、実はそうでもなかったり。

昨日だめだと思ったものが、今日すごくいいものに見えたり、
昨日すごくいいと思ったものが、今日意外と大したことないものだと思えたり。

何かが変わったわけではなく、自分の心の持ちようが変わるだけで、見え方が変わってしまうことがあるのです。

そう考えると、価値基準って結構あやふやなものなのかもしれませんね。



まとめ

自分ってすっごくだめだな。
あの人ってすっごくいいな(それに比べて自分は...)

そうした思いに振り回されそうな時は、
いい、悪いは結構ふわふわしたもので、絶対的なものではない、と思い出すとネガティブな気持ちにやられずに済むのかな、と思うのです。