価値の優劣とカレーのたとえ話

カレーと寿司は、どちらが優れているか比べようがない。
ただし人によって好き嫌いは分かれる。
好みはあっても優劣はない。


ポークカレーとビーフカレーは、同じカレーで違う材料を使ったものだが、どちらが優れているか比べようがない。
宗教上の理由やアレルギーなど、様々な理由があって、ある一定の人には片方しか選ばれないことがある。
だからといって、どっちがいい、悪いわけでもない。


ビーフシチューとビーフカレーは、同じ牛肉を使った違う料理だが、どちらが優れているか比べようがない。
全く同じ人に聞いても、その日の気分で選ばれることもあれば、選ばれないこともある。
だからといって、どっちが優れているわけでもない。


うちのビーフカレーと高級レストランのビーフカレーは、価格が違うが、どちらが優れているか比べようがない。
値段の高低があっても、それゆえ価値に上下がつくわけではない。
うちのもよそのも美味しいね、と楽しむだけでいい。


あなたのビーフカレーと私のビーフカレーは、全く同じ料理だが、どちらが優れているか比べようがない。
たとえ同じものを作っても、その人にしか出せない味になる。

優劣を比較して苦しむのでなく、ただ美味しく食べることを楽しみたい。