理想とは道しるべのようなもの

自分の理想を追い求めることはとても素敵なことなのですが、

自分の理想を追い求め過ぎて、

理想通りでない自分を否定したり、嫌いになったりしてしまう、

という話を聞くことがあります。


そんな風に自分を苦しめてしまう人にとっての理想とは、

「そうならないといけないもの」
「越えるべきハードル」
「到達すべき目的地」

と考えられていることが多いように思います(私もそうだった)。

でも、そうではないんですよね。


理想とは、自分の進みたい方向の道しるべのようなものです。

必ずしもそこにたどり着かなくていい。

自分にとって、道案内の役目が終わったな、と感じたタイミングで手放していい。

理想は、こっちへいけたらいいな、という夢を描き、そのためにどちらに向かって歩き出せばいいか、何をすべきかを確認するためだけに使っていけばいいのです。



まとめ

自分の理想像に振り回されて、自分に落ち込んだり、ダメ出しばかりしてしまう人は、理想を道しるべのようなものとして捉えていくといいよ、というお話でした。