洋服のちくちくするタグを取っただけで幸福感が爆上がりした

先日部屋着を購入しました。
が、背中のタグのところがどうしてもちくちくちくちくするのが、うっすら気になっていたんですね。


返品したり、売却したりする予定もないですし、
切り絵作家なのでデザインナイフを使ってえいや!と切りました。
※リッパーがなかった。


すると、めちゃくちゃ快適になったんです。

本当に。

めちゃくちゃ快適になったんです(大事なことなので2回言った)。

嬉しすぎて鼻歌を歌いながら踊りたくなるレベルでした(そんなに?笑)



不快を減らして快に置き換えていこう

今回の出来事で、たった一つのタグだけで、こんなに幸福感が感じられるのか、とめちゃくちゃ驚きました。

ちくちくする体の不快感がなくなったという喜びだけでなく、
小さな不快感でも、それを消すために、自分がちょっと頑張ってくれた、ということも嬉しかったんですよね。

と同時に、こんなに幸福感を感じられるなら、
日々のちょっとした不快を減らすために改善を加えることに対して、もっと本気になろう
、と思ったんですね。


探してみると、ちょっと気になるけれど放置している、と言うことが結構ありました。

延長コードを跨いで歩く時、ちょっとつまずきそうで嫌だなぁと感じていることとか。

今月に入って、ワイングラスが軒並み割れてしまったので、仕方なくジョッキでワインを飲んでることとか(流石にジョッキなみなみは入れない笑)。

引き出しにものを詰めすぎて、開け閉めする時にスムーズに行かないとか。

これから、それらをちょっとずつ改善していく予定です。


まとめ

日々のちょっとした不快を減らすべく、どんどん改良改善を重ねていこう、と思ったのでした。