iOSベータ版を入れようとして反映されない時の対処法

開発用にiOSのベータ版(15.4)にアップデートしようとして、反映されなかった時の対処法



対処法

Wi-Fiに接続してアップデートする。


構成プロファイル(Configuration Profile)をダウンロードページからダウンロードして、インストール手順に従っていくのですが、これだけでは反映は終わりません

さらに、設定 > 一般 > ソフトウェアアップデートから、アップデートのダウンロードが必要なのですが、これはWi-Fi接続されていないと選択できないようになっているんですね。

iOSベータ版を入れようとして反映されない時の設定画面
グレーアウトしてボタンが押せない


接続したら、ダウンロードボタンが押せるようになるので、無事スタートします。
iOSベータ版を入れようとして反映されない時の対処法
やったね。

無事インストールできると、設定 > 一般 > ソフトウェアアップデートの画面はこのようになります。

iOSベータ版アップデート完了の画面



まとめ

ということで、iOSベータ版が反映されないよ!という時は、Wi-Fi接続してきちんとダウンロードまで完了しているか確認しよう、というお話でした。


参考