新しい習慣を取り入れる時は違和感を感じるし、本当にこれでいいのかと思うもの

こんにちは。筋トレ大好き芸人の影織です。
日々、朝顔の観察日記をつけるような心持ちで、筋肉を育てています(どういうこと?w)

以前は、こんなに自分が脳筋だなんて筋トレにハマるなんて思っていませんでした。

日課としてトレーニングするようになったのは、ここ2年ほどです。


ということで、今日は習慣についてのお話です。



習慣を取り入れる

やったことがない習慣を取り入れる時、最初はめちゃくちゃ違和感があるものです。

ちょっと面倒だったり、自分らしくないなと思ったり。


でもそうしたヘンな感じは、当然のことなんですよね。

始めようとしていることが、これまでの過去の延長にないから、違和感があるんです。


それでも、しばらくやっていると必ず、

やらない方が違和感がある、続けていることの方が自然に感じられる瞬間というのが来るんですね。

1週間先かもしれない。
1ヶ月先かもしれない。

それがいつ来るかわからないのですが、とにかく来ます。

そこを超えられたら、続けることが楽になっていくんですね。



どうしたらその壁を超えられるのか

違和感があることが自然だと思うことなのかな、と思います。


新しい習慣を取り入れたら、なんか気持ち悪い、めっちゃかったるい、ぎこちない、不自然な感じがする。
こんなの自分に合ってないんじゃないか、本当にこれでいいのか、と迷う気持ちが溢れてくる。


そのモヤっとした状態こそが自然なんだ、
変わろうとしているから気持ち悪いんだ、
と受け入れる
ことがまず大事なことのように思います。

高ーい壁に見えるかもしれないけど、大丈夫。


短期的なモヤモヤを即座に解消しようとすると、新しい習慣を取り入れることをやめる方向に倒したくなりがちです。

あえてモヤモヤを抱えたままで、しばらくやってみるんですね。


すると、だんだん自然にできるようになっていくものです。

そうしてモヤモヤを意識しなくなる頃には...あら不思議。
やらない方が違和感がある、続けていることの方が自然に感じられるような状態になっているんですね。

いつの間にかこれくらいの段差になってる。



まとめ

新しい習慣を取り入れようとする時、最初はあえて違和感を持ったまま進んでみようというお話でした。