「できる」と「できない」は紙一重の差

「こんなの絶対無理だよ、できないよ〜」
と思っていたことに、
人からアドバイスをもらったら、簡単に思えてきた。

あるいは、
「こんなの余裕でできるだろ〜」
と思っていたことに、
人からいかに困難で大変か聞いて、出来なさそうに見えてきた。

ということはしばしばあります。



先日のブログにも似た話なのですが、

ただ情報を受け取っただけで、見えていた世界が、ガラッと変わってしまうことはよくあるんですね。

情報を取り入れたという点以外、自分は何も変わっていないのに。


これって、ある意味すごく恐ろしいことであり、また同時に希望に溢れているとも思ったのです。




例えば、うっかりネガティブな情報を受け取ったことで、できるはずのことができなくなることがあるかもしれません。

自分が大事にしている夢を語った時、
人からバッサリと「お前にできないよ」という言葉を受けて、その情報を受け入れてしまったら。

その夢の実現が近づいていて、それを叶える能力があったにも関わらず、「自分にはできない」という情報に引っ張られて、諦める方に倒れてしまうかもしれません。




逆に、ポジティブな情報を受け取って、できないはずのことをできることもあるでしょう。

自分が大事にしている夢を語った時、
人から「君ならできる」という言葉を受けて、その情報を受け入れたら。

夢を実現するには、まだまだ能力や経験が足りなくても、「自分ならできる」という情報に引っ張られて、実現させることだってできるかもしれません。




そう考えると、
「できる」自分と「できない」自分の差は、案外紙一重なのかもしれません。

そしてその紙一重の差は、
どんな情報を自分の中に取り入れるか?
で決まってくるのかな、と思ったのでした。




まとめ

どんな情報を自分の中に取り入れるか、意識的になりたい。

何を選択するかは自分で選べるのだから。