急に気分が沈んだ時の最適な過ごし方

なんだか今日は悲しいことばかり思い出す。

なぜか急に過去の怒りが色々湧いてきた。

突然不安が次々止まらなくなった。


...みたいな、これという原因が見当たらないまま、ネガティブ気分の急性症状が起きる時、体が疲れていることが多いです。


そんな時のシンプルなソリューションは、寝てしまうことです。


おやすみなさい。


慢性的にそういう気持ちに囚われている場合は、

自分と向き合う時間を取ったり、誰かに相談してみる時間を取るのも良いですが、

急に気分が沈んだな、という時は、ほとんど体の疲れに引っ張られているものです。


休みましょう。

寝ましょう。


まとめ

先日、寝る前に急にどんより気分になって、どうしようかと思っていたのですが、

次の日の朝、あ、あれはシンプルに疲れていただけだったんだ、と気づいたんですね。


ということで、体から精神状態にアプローチするのも大事というお話でした。