そこは到達点じゃなくて、通過点だった

欲しいものを手に入れた後、

夢を叶えた後、

願望が実現した後、

当たり前ですが、人生は続いていきます。


そこは到達点じゃなくて、通過点だった。

以前、一つ大きめの願いが叶った時に、

そうめちゃくちゃ痛感したんですね。


何かを達成したら

人生をクリアできるわけじゃなかったのか。




つまり、どこか目的地にたどり着くことが、

人生のゴールそのものというわけではないらしい。

(もちろん、進む方向を定めるものとして

目的地をセットしておくのは大事だけれど)



今望んでいることだって、

きっと通過点の一つなのでしょう。



そう考えると、

その通過点に向けて走る道のりを、

ただ楽しんで生きればいいだけなのかもな、と思うのです。